スポンサードリンク

車検を受けるのに必要なものは?

車検を受けるのに必要な書類が3つあります。

 

①自動車検査証(車検証)

②重量税の納付証明書

③自賠責保険の保険証

 

この3つを車検証と一緒にして車の中に入れておけば大丈夫です。

恐らく大体の人が車のダッシュボードの中に入れていると思いますので、車検を受ける前に全て揃っているか確認しましょう!

 

車検終了までの納期は?

納期についてですが、点検後に整備箇所などを確認してから決まるようです。

Goo車検内に納期について書いていますが、長くても1週間を目安にしているようです。

追加整備が発生した場合に、部品の在庫がない場合は取り寄せになることも考えられますので日程に余裕を持って預けるようにした方が良さそうですね。

 

Amazon車検ストアを利用するメリット

実際にサービスを利用していないので、僕の完全なる予想で書いてみようと思います(笑)

 

Amazon車検ストアを利用するメリットとしては、名前や連絡先などの入力を省略できることではないかなと僕は思いました。

 

Goo車検の申し込みページを見てきましたが、氏名や住所、連絡先、車の種類を入力する必要がありました。

ですが、Amazon車検ストアを利用することで、Goo車検コンシェルジュが車検に出す工場などの手配をしてくれるようなので、手間が省けて楽になるんじゃないかなと思います。

 

分からないこともコンシェルジュに全部投げちゃいましょう!それで何とかしてくれますよ(笑)

僕の車は車検満了日までまだ期間があるので今すぐ利用してメリットを確認出来ませんが、次回はアマゾン経由で車検も検討したいと思います^^

 

スポンサードリンク

代車はあるの?

これはGoo車検で通常に申し込みをした場合ですが、下記の画像の様にお問い合せの欄に代車を借りたいという事を書けば、その条件に合った工場を手配してくれるようです。

なので、Amazon車検ストアでチケットを買った場合も、コンシェルジュとのやり取りの中で代車を借りたいと伝えれば恐らく手配をしてくれるはずです。

 

一点だけ注意したいのは、代車が無料で借りられるか分からないということですね。

整備工場によっては代車の利用料がかかるところもあると思いますので、その辺りもしっかりとコンシェルジュに確認をした方が良いと思います。

 

まとめ

今回はAmazon車検ストアについて書いてきましたが、手軽に利用出来そうで便利ですね!

コンシェルジュのサポートが個人的には大きいなと思います。

基本的におまかせで手配してくれるので、面倒くさがりな僕にとっては非常に魅力に感じました(笑)

 

まだ始まったばかりのサービスなので、これからもっとサービス内容が充実していくでしょうし、さらに便利になっていくでしょう。

これからの進化が楽しみです!

 

では、最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

スポンサードリンク